住宅の問題は即座に改善させよう

スケルトンという方法

スケルトンリフォームの特徴

住宅が古くなってくると家全体を直さなければならないことがあります。この時建て替えをするかリフォームをするかで迷うところです。 もし、建て替えをすれば、費用の面で部分的なリフォームよりも負担が大きくなるのは間違いありません。ただし、部屋の設計を自由にできるというメリットがあるのです。 一方リフォームはその部屋だけや水回りだけ、外壁だけという感じでリフォームをすることが可能ですが、その場合は、価格は安くなりますが、全面的にリフォームする場合、つまりスケルトンリフォームをする場合にはいくつか問題点があります。スケルトンリフォームとは、躯体以外を残してすべて取り外すことです。これにより、内装だけを新しくすることが可能なのです。

意外な問題点について

スケルトンリフォームにはいくつか問題点があります。その一つが金銭面での問題です。スケルトンリフォームをする場合と、建て替えをする場合では、実はそれほど金銭面での負担は変わりません。例えば3000万円の住宅で、躯体工事と基礎工事だけで500万円以上はかかっていますので、躯体工事や基礎工事をしないスケルトンリフォームの場合は、その分だけ安くなりそうな気がします。ですが、スケルトンリフォームをする場合は解体をする時に重機で解体をすることができません。何故なら、重機を使うと躯体も壊してしまう恐れもあるからです。 そのため、手作業で行わなくてはならないためどうしても解体費用が高くなってしまうのです。それと共に、大工もベテランでないとスケルトンリフォームは難しいですので、その人件費もかかるのです。